y(et) a(nother) diwographics

©1998-2020 @suushinagai with enthusiastic curiosity and open-mindedness for intellectual adventures in mid/post-corona era

Minisforum X400 (4) DSDファイル再生事始め

 以前あるTVドラマのコーナーに登場したオンキョーの真空管ラジオが某巨大オークションサイトに出品されて、入札しようかどうしようかと真剣に思案している。実際のところは想像よりもかなり大きいのと、気合を入れてリストアをする余裕があるだろうかと考えてしまうのである。
 オンキョーのことを考えているうちに、ハイレゾ音源配信サイトでは、以前クーベリック指揮SDRのマーラー交響曲第9番東京ライブの音源が期間限定でダウンロード販売されていたことがあったとどこかで読んだことを思い出し、調査に出かけてみたが、残念ながらショーケースには見つからず。
 ハイレゾ音源には様々なファイル形式があるが、サンプリング周波数が高くなるほどファイルサイズが大きくなる。
 2L社テストベンチのうちで再生可能なレパートリーはMBA (early 2015)ではごく少なく、RasPi-volmioをさしおいてXperia 5が広かった。
 Minisforum X400についてはまったくハイレゾ再生に使うことなど考えてもみなかったが、Bluetoothレシーバーを通して中華アンプ経由でYamaha NS-1000Mに出力できるようになったので、Windows 10におけるハイレゾ再生の現状と課題を調べることが可能になった。オンキョー転じてPioneerのページで、マルチプラットフォームのハイレゾ再生ソフトウェアとしてfoobar2000が定評があり、プラグインを用いて様々なファイル形式に対応可能とわかった。それでX400に、foobar2000 v1.6.6に加えて別途foo_out_asio.fb2k-component、foo_input_sacd-1.3.7.zip、ASIOProxyInstall-0.8.2.zipをダウンロード、インストールした。
 Arnesen: MAGNIFICAT 4. Et misericordiaの2チャンネルステレオ収録ファイルが、Bluetoothレシーバーを通して中華アンプ経由でYamaha NS-1000Mで再生可能となった。
 とは言え、X400からAnker Bluetoothレシーバーへの送信時にCD qualityにダウングレードしているため、original CD quality (16 bit/44 kHz)の再生音は同じである。

固着の真相(2)

 思えば、Yamaha NS-1000M(片側ツイーター鳴らず)を落札したのはもう3年半も前になる。到着したのはみぞれ混じりの雪の降る寒い夕方であった。直後に片チャンネルのウーファーが死んでいるのに気がついて、ツイーターとウーファーをなんとか鳴るようにしなければならないところで立ち往生してしまった。
 この夏の間にいい音で音楽を楽しめるところまでこぎつけたいと発願して、某巨大オークションサイトで落札した純正ツイーター1本が最寄りのステーションに到着し、明日にも配達されるところまできた。
 並行してNS-1000Mの慣らし稼働を始めて二日目、まだ10時間にも達していない段階ではあるが、鳴らなかったウーファーから微かに音が出ているのに力を得て、ユニットを外してマッサージしてあげたらなめらかに音が出るようになった。
 それでもスコーカーやツイーターのアッテネーターを絞りきって、最小音量にしてやっとバランスが合うくらいで、ウーファーの音量はかなり小さい。固着が完全に解消して工場出荷当時に戻っているなどとは考えないほうが無難なのであろうが、音楽を聴くのが楽しくてしようがない。今後の慣らし調整で、交換ツイーターユニットを含めて出力レベルをある程度揃えて、マルチアンプに進めたい。
 後日記(2021.07.24)>10時すぎに到着したので、テスターで導通を確認しておいてすぐにANTEXをコンセントに挿し、ユニットを交換。接続はハンダ付けで、というのが当時のYAMAHA流であった。まずはSarah Brightman《A Whiter Shade of Pale》など選んでテストしてみる。声の透明感というよりも、片側に偏っていた空気感が空間に拡がるのを確認。
 昨晩のトキオオリンピアード2020+1開会式で《翼をください》がSarah Brightmanに聴こえたことが、チョイスの遠因であったが、実はスーザン・ボイルさんだったということである。

銀色の記憶(4) 銀色の四色ボールペンを買うseason 2

 最近はボールペンのインクを大量に消費するようなことがなくなった。
 それでもちょっとしたメモ書きなどに胸ポケットにボールペンがないと不便ではあるが、ペンだこを作りながらインクをどんどん減らしていくような使い方はたえてなくなった。
 その分、ちょっと高価なカートリッジを使うコスパのよくないペンでもおされに使うことができるようになったとも言える。最近少し復活してきた少人数の打ち合わせや会議等にはMont Blanc Noblesseボールペンを持っていく。照明を落とした場所でも銀色のダイアモンドカットのペンがぎらっと光って、自分の気分もあがるし、「あなたのお話には傾聴すべき価値があると思っていますシグナル」も出せる。
 ところが実際に使ってみるとスリムすぎてグリップしにくく指が疲れる。加齢のためか、しょっちゅう手指消毒剤を使うためか、ポリエチレン袋をうまくほぐせないのと同様、滑らないように少し強めに握るのがとても疲労感につながっている。手持ちには同じ表面性状で少し径の太いWatermanもあるが、こちらは油性インクがダマになりやすく、ちょっと使いづらい。
 職場用にステッドラー社製の三色ボール+0.5 mmシャープペン現行品を実用価格で買ったが、表面がつるんとしていて指にしっくりこないのが気になってしようがない。
 ということで、見るからに指がかりのよさそうなvintageのMontblanc Pix-O-Matが気になる時期が回帰したのである。かなり太い十二角柱で、表面にギローシュ彫刻が施されている。2019年から2020年にかけての頃は純銀製の番手も見かけたが、現在は見当たらない。それでもディスコンになってかれこれ40年は経っているので、某巨大オークションサイトに出品されたものは文化財価格で取引されている。
 単に紙に文字を書く目的なら百均で買ったボールペンでも使えるであろうに、なぜわざわざ400倍以上のお金を払って製造中止品を買わなければならないのかという問いに明確に答えられなかった筆者を、12年も前から待ち続けていてくれた答えがあったことに本日気付かさせられた。Montblancの最も古いタイプのPix-O-Matの伊国製クローンのように見受けられるが、シルバーだけでなくゴールドのバージョンもある。地金は特殊鋼なので、これなら両方とも自分のであると嘘をついても、池の神様は両方鉄だとお見通しということである。

山陰のモンサンミッシェル

https://digital.asahi.com/articles/ASP7M3V8WP5YPTIL02W.html
 朝日新聞の記事に触発され、益田市のモンサンミッシェルを探しに行く。満潮時には参道が海面下に沈む衣毘須神社は、実に6年前に訪問を断念した人麻呂ゆかりの戸田柿本神社のごく至近の、戸田小浜の海岸にある。
 いつの日かの再訪を念願する筆者に、もう一つの目的地ができた。と思って、益田駅前のステーションホテルダイエーを益田駅の東南東に探していて、筆者の空間認識が180°回転していたことに気がついた。当時も益田の街ほど方向感覚を狂わさせられる街はない。何か磁場が逆転しているかのように反対方向に走って行っていたりする。と断言しているが、益田駅前だけ南北の感覚が反転している。日が落ちてから到着したその第一印象に強く影響されているようであるのだが、駅の南口を北口と思って「西」に向かって進めば進むほど東に行くのだから戸惑うのも当たり前であるなとわれながら吹き出した。
 そのうち、そのおかしさすらわからなくなってしまう前に、今ひとたびMARUFUKUに自力でたどり着き、日替わり生姜焼ランチをいただくことはできるだろうか。

好奇心に負けてMonterey beta

 数年前からbeta programに参加しているので、この時期にmacOS beta版のお知らせを受信するのであるが、今年は少し早くなっているような気がする。
 とうとう筆者のMBA(13 inch, early 2015)が、アップデート可能なしんがり世代となってしまった。今のところ特にmission criticalな仕事に使っている状態ではないのでとんがらせてみることにする。
 アップデートすると、メジャーバージョンナンバーがインクリメントされ、12.0 betaとなる。OS Xの引力圏から離脱したことを実感する。
 あと気がついた点は:
 デスクトップ背景が現在時刻によって変わるダイナミックデスクトップは、空撮画像の手配が間に合わなかったのか、数種類のイラストが用意されていた。これからはこういう趣向でいくつもりなのだろうか。
 ほとんどのソフトウェアは問題なく作動する。
 インストール後ことえりが見つからなかったが、Google日本語入力に入れ替えるつもりだったので特に困ることはなかった。
f:id:suushinagai:20210718202747p:plain
 後日記>最大の特色であるuniversal controlは、Macのマウスのカーソルが、隣りのiPadの画面にシームレスに行き来できる機能で、日頃親しんでいるFLOWマウスとほぼ同様な感覚になるようである。詳しい仕様の脚注4によれば、「(中略)MacBook Air(2018以降)、(中略)、iPad Pro、(中略)で利用できます。両方のデバイスで、2ファクタ認証を使って同じApple IDでiCloudにサインインしている必要があります。(中略)」となっており、sidecarにおいてと同様MBA(13 inch, early 2015)はすでに対象外機種である。「universal controlも使えないのになんでMontereyにするの?」という質問には、OSをsecureに保ちたいので、と一応お答えしておく。しばらくはMontereyをアプデしていき、必要に応じてiPad ProとはFLOWで行き来することにしたい。
 Luna Displayでobsolete MBA(13 inch, early 2010)をセカンドディスプレイにしているが、LCDや筐体はしっかりしているのに、OSのセキュリティアップデートの切れ目が縁の切れ目になってしまうのはもったいない。MBA(13 inch, early 2015)にもまもなくその日が来るのは間違いない。逆にLCDや筐体はしっかりしているvintage MBA (2017以前)が狙い目になる好機がやってきたとも言える。ただし、そういう機種の必要のないポートを戸締まりして「MBAと瓜二つのディスプレイとして」使っていくためのノウハウが確立していることが前提である。
 iPadOS 15の仕様を原文で読んでみると、iPad Proのところは「and Mac Pro (2019); and iPad Pro, iPad Air (3rd generation and later), iPad (6th generation and later), and iPad mini (5th generation and later).」となっていて、iPad ProとiPad Airはいずれも第三世代以降と書いてあるようにも読めて甚だ紛らわしい。上記のMonterey previewの説明も一字一句同じである。

Yamaha NS-1000M

 片側のウーファーとツィーターが鳴らない1000Mをなんとかしようと、安価に調達したElectro Voiceの12インチウーファーを合わせてみようとするが、エンクロージャーとうまく合わず。ウーファー・ベリリウムツィーターの修理や純正新品(または整備品)の調達は気乗りがせず、エンクロージャーの加工をせずにはまるユニットに交換しようという消極路線で進んできた。二号庵のCS-F990のウーファーとの入れ替えも検討すべきだろうか。
 試しに鳴らせてみようとしたら、1000Mと中華アンプのスピーカーケーブルコネクタがそれぞれ1個ずつ壊れていたり、いつの間にか筆者の使うケータイからヘッドフォンジャックが消えてしまってい(るのを思い知らされ)て悶絶する。Macbook Airのイヤホン端子にありあわせのケーブルをつないだら、片チャンネルだけ音が出て、しかも呼んでもないのにやたらとSiriが出てくる。どうも片チャンネルのスピーカーをマイク入力端子に接続したためのようなので、改めて別のオーディオケーブルにつなぎ直して、やっと(鳴らないユニットは鳴らないなりに)何とか左右から音が出るようになった。
 とまん中の子にぐちったら、「Bluetoothでつないだら?」というのである。
 その時には音質の面から却下してしまった筆者であったが、その予行演習も必要であったことを思い出して、Bluetoothレシーバーの出力を中華アンプ入力につないで、X400からコントロールしてみると大変うまくいった。

M社のターポリンリュックサック

 某巨大オークションサイトでbuy it nowしたのが到着。
 早速洗うと見せかけて耐水試験をすると、二気室間のファスナーの継ぎ目から盛大に水漏れする。
 このファスナーは防水ワックスで加工しておいたほうがよさそうであることが判明した。
 後日記(2021.07.16)>一日天日干ししたところで早速週末の夜間ワークアウトで実戦投入。絶対に雨は降らないと予想していたのに、夜半すぎからポツポツと降り出し、帰着する頃には少し小雨模様となるが耐水性能を脅かされるほどの降雨ではなかった。
 

不労からFLOWへ

 周囲から「不労」疑惑をもたれる懸念のある静音K295キーボードを、昨年の誕生日祝に買ったFLOW対応K375sキーボードとM585マウスのセットに入れ替えた。
 同じLANにつながっているmacOS、Windows 10それぞれの機械でLogi Optionsを起動してunifying接続し、FLOWを有効にする。 別の機械で設定したペアリングを上書きして新たな接続を設定するにあたり、マニュアルは必読である。
https://www.logitech.com/assets/64928/4/k375s-multi-device.pdf
https://www.logitech.com/assets/65235/4/m585-m590-silent.pdf
 少しチャカチャカする打鍵音はご愛嬌として、窓枠の端がmacOS宇宙の地平線にシームレスにつながっていて、マウスカーソルの越境と連携してキーボードも接続先を変えるのは素晴らしい。ファイルのdrag & dropも可能らしい。さらに三台目のWindows PC、MacまたはiPadをFLOWにつなげることも可能である(が、同一LAN内のvintage iPad Air2 (iPadOS 12.5.4打止め)にはiOS 13.6以上が必要なLogicool Controlをインストールできないので筆者の環境では試せない)。
 なお、キートップにはJIS配列の文字の横に、macOSでの認識キーが灰色で表示されていて、キーのデコードがFLOW先で自動的に切り替わるところまで期待はできず、おなじみのように[8]+[shift]を押すと(macOSでは)[*]になり(Windows 10では)[(]になる(Logi Optionsで『キーボードを常にMacレイアウトに保持する』にチェックを入れても入れなくてもWindows 10ではキートップの白色表示文字が、macOSでは灰色の表示文字が表示される:OS側で特別な細工はしない場合)。
 向かい合わせの二台のデスクにそれぞれデュアルディスプレイを展開し、その前の書類の山の山間部をUSBキーボードとマウスが占拠していたのであるが、これが二台のデスクあわせて一セットのみ、時々デスクからデスクへと移動させながら作業を続けるスタイルに変化するとなれば、もはや不労疑惑が発生することもあるまい。
 
 

終のインタフェース

 あなたにも必ず、最期にコンピュータ(スマートフォンを含む)に入力をする時がやってくる。
 あなたの使う終のインタフェースはどのようなものになるのだろうか。音声入力?キーボード入力?視線入力?
 これはあなたがどのようなtrajectoryをたどってどのような機能を残して最期の時を迎えるかにかかってくる問題である。
 筆者に残っているのが指先を少し動かすだけの力になってしまったら、お腹の上に置いたタッチパッドつきのThinkPadのキーボードを使いたいと思うに違いない。そこで、実はK295とは別に、ウルトラナビ付きThinkVantageキーボード SK-8835を某巨大オークションサイトで安価に入手したのだった。
www-01.ibm.com
 Mキーが反応しないというジャンク品なので、以前使ったThinkPad 365XD, 600X, T61のいずれかのキーボードユニットで一番気に入ったのと入れ替えるつもりで、安価に競り落としたのはよかったのだが…
 本日それぞれを分解してユニットを摘出したら、どのユニット裏面のフレキ配線コネクタもSK-8835のレセプタクルと合わない。キーボードユニットだけ残して、劣化した筐体を処分できてよかったものの、見通しの甘さにまいってしまった。
 というのも、以前参考にさせていただいたmacoteauxさんのページの内容を(未確認ながらコメントも)総合すれば、『「トラックポイントUSBキーボード」のキーボードはT400sのもので、これをUSBに変換するアダプタが内部に準備されている』というのが、ウルトラナビ付きThinkVantageキーボードにも当てはまるだろうと甘く考えていたら意外にもそうではなかった。本機はテンキーやタッチパッドもついた状態なので、USBインタフェースに入るまでの信号が複雑なのであろうが、いずれかのキーボードユニットとこの変換器とをつなぎ、ThinkVantage SK-8835の筐体と三個一して終のインタフェースを完成させたいと考えている。
 後日記(2021.07.13)>ただしここで言う「トラックポイントUSBキーボード」は、現行の機種ではなくてディスコンの55Y9003型である。
 一足飛びにLenovo Bluetoothキーボードのインタフェースにつなげたりできてもよいので、ジャンク品の「トラックポイントUSBキーボード」や「Bluetoothキーボード」を数年かかっても探したい。

ミーティングのちワークアウト

 宵にスケジュールされている対面ミーティングに間に合うように、一旦帰宅して支度を整え、Bianchiで大名に乗り込む。
 ミーティング終了後に変身してワークアウト。
 線状降水帯が発生した鹿児島県や熊本県の方々には申し訳ないほどの快晴で、湿度の低い涼しい夜となる。