y(et) a(nother) diwographics

©1998-2020 @suushinagai with enthusiastic curiosity and openmindness for intellectual adventures

自転車

「あくなき好奇心とおそるべき野次馬根性」指向の自転車生活

自転車旅の装備

先日藤崎駅から帰ってくる時に、最初はTNF Base Camp duffleを背負っていたが、途中で肩にショルダーベルトが食い込んで苦しくなってきたので自転車のハンドルにつけてあるリクセンのアダプターに載せ替えて戻ってきた。イメージとしては20 kg位ありそうに感…

帰宅

フォールディング作業を行ない、益田駅1325時発のおき3号に乗車し、こだま743号、福岡市営地下鉄空港線を乗り継いで藤崎まで帰ってくる。市役所脇でアンフォールディングして1800時到着。豆御殿号をただちに自転車屋さんに持ち込んで修理見積もりを依頼。

益田市でふたたび迷子になる

953時浜田駅発のアクアライナーで1044時益田駅到着。駅前のコインロッカーにダッフルバッグとキャリーカートを預けて戸田小浜に向かって走り出す。 進路を西にとっているはずなのに、いつの間にか太陽が右手に見えて、東向きに走っている。首を傾げながら走…

浜田市

駅前で自転車を組み立て、TNF BCダッフルを背負って2ブロック先の宿舎まで移動。シャワーを浴びて、汗まみれの衣類をコインランドリーで洗っておこうと考える。検索してみると、駅前にもいくつかコインランドリーが見つかったので自転車で向かっているうちに…

八幡柿本神社参拝

山陰本線の人丸駅まで、約1時間の行程である。その全国の柿本人麻呂ファン憧れの人丸駅に降り立つのである。無人駅であり、到着した上り線ホームからは跨線橋を渡らないと外に出られないのである。輪行袋を肩に担いで運ぶうちに、右腕になにか尖ったものが当…

川棚温泉駅へ

県道35号線を北へ進む。かなり苦しい上りが続くが、汗だくになりながらローギアで少しずつ進む。海抜150 mの峠を越えてからは最高36 km/hで風のように、261号線を駆け下りる。交差点に停まって2万五千分の一の地図で川棚温泉駅への道を調べていたら、通りか…

本州横断サイクリング

豆御殿号をたたんだ状態でキャリーカートで引いて、西鉄バス、地下鉄七隈線、バスを乗り継いで博多駅に到着。日曜日なのでご通勤中のみなさんにご迷惑をかけることは少ない。のぞみ14号に乗車して、小倉駅で0911時出発の在来線に乗り換えて関門海峡をくぐり…

輪行の旅に出る

月末の3日間夏季特別休暇を賜ったので、前日の日曜日と合わせて4日間の休暇とする。 何となく億劫になりがちであるが、CEOに励まされながら準備を進めて出発。

Stork Airその2

一度実家に帰り、Lithium Vivi号のバッテリー、キーを確認。後ろの荷台には亡父が愛車のスーパーカブからHondaのヘルメットケースを移設している。サイズといい形状といいストークエアーを髣髴とさせるわけであるが、こちらはしっかり固定されていて簡単には…

Panasonicパナレーサーエアポンプ

帰宅すると到着していた。最大の特徴はフレンチバルブ用のきちんとしたアダプタが付属していることである。本機のハンドルを優雅に動かしてわずかに2-プッシュすると、圧力計が480 kPa(長征一式の前後輪チューブの規定最大圧)を指してピタリと止まるのであ…

しまなみ海道自転車道

昨日から通行料が無料になったときいた。 これで夕涼みがてらLithium ViVi号で来島海峡大橋を渡って、大浜潮流信号所の放送を聞きに行くことが、より気軽にできるようになる。

帰ってきてワークアウトに出発

旨いものを食べ過ぎた反省あり。身体が重く、長征壱式が大変重く、全然進まず。PTFE lubeは効いているはずなのに、テフロンファブリックのじゅうたん敷の道を走っているようには、ちっとも感じられないのである。動悸や息切れはないが、これは冠動脈が詰まっ…

HurryerとViVi charge WT

亡父のPanasonic Lithium ViVi DXを福岡に引き取ろうと考えてきた。脊振山山頂に父とともにアタックしたいと書くとやや情緒的すぎるかもしれない。前輪を長征一式のクイックリリースタイヤに入れ替えると、出先でのパンク修理を楽にできるのではないかなどと…

自転車用スマートフォンホルダー

筆者は昨年の8月28日にマルチ自転車ホルダーを送料込みで1300円ほどで購入しているのだが、日記には記載がない。 当初オールバンドレシーバーを長征壱式に搭載するのに使ったりしていたが、ハンドルバーに固定する部分と、スマートフォンなどを載せるクレー…

梅雨の晴れ間

15時ころ日焼け止めを塗って出発。室見川沿いを下って、カワセミの止まり木になりそうなところのフンの跡をさがして回るが、見つからず。 小田部のEcoMallで、Canon旧式インクジェットプリンタを目撃。探している時には見つからないものであった。 室見川西…

供養のためPanasonic Vivi Lithium号で今治市内周遊

父は80歳の誕生日を期して運転免許証を返納してHONDAスーパーカブを処分し、電動自転車に乗り換えた。 小さなテラスに置いてあるVivi Lithium号は丁寧にカバーでくるまれていた。カバーを外すと、後ろの荷台にはカブから移したHONDAブランドのヘルメットケー…

3DデジカメつきAquos phoneの最新機種(006SH/IS12SH/SH-12C)を一台押さえておく

GPSに関する疑問について考察しているうちに、一度「プライバシー:オールクリア」をしたSharp Aquos phone 006SHの内蔵GPSがかなり使えることが判明した。今のところ、試験的に得たデータの精度は、専用GPSレシーバー不要と結論できそうなものである。 一方…

GPSに関する疑問

水島先生の自転車走行記録に刺激を受けて、aquosphoneのMy Tracksで週末のワークアウトを記録しようと意気込んでいたが、黄金週間の前あたりから、My Tracksを起動しても「GPS信号を待っています」といったきり、実に所在ない状態になってしまった。GPSのア…

Fiat 14インチフォールディングバイク

家にパンがないというので、社員食堂でモーニングを摂る積りで出社したら、胃検診日であったことから、絶食のまま検査に臨んだ。待ち時間は結構長かったが、その間中ずっと、あのクリーミーなやつを胃にズシンとくるまで一気飲みしてやろうと考えていた。 し…

自転車のチェーンを洗う

今年の春先は雨の日が多かったような気がする。豆御殿号の泥除けに黄砂かPM2.5かの跡が残っているのが気になっていたので、本日洗う。 ステントを入れてから、長征一式のスピードが伸びない印象である。心肺機能が衰えているとは思いたくないので、他の原因…

自転車8万kmの記録のページ

水島洋博士は、バイオインフォマティクスの記事を今はなきパソコン通信の生物関連会議室に投稿されていた。そのため、筆者にとってはオンラインで手ほどきを受けた「師匠」のような存在である。バイオインフォマティクスの技術の大半がテキストの前処理であ…

キャリーカートのリクセン化

輪行の際にキャリーカートは、エレベーターのある、大きな駅での移動には大変有効で、駅舎の階段を昇り降りしなければならないような小さな駅でも、ホームでの水平移動が格段に楽になった。このあたりは、自転車として走る距離と荷物として運ぶ距離とのバラ…

The North Face BC duffle bag

今回の輪行の旅では、The North Face BC duffle bagをRIXEN & KAUL アダプタープレート KM811でリクセン化して用いた。時間的な余裕がなく、ほとんど何も考えずに必要と考えられるものを片っ端から放り込んで持って行った。もう少しきちんと切り詰めればよか…

門司港駅から博多駅・市営地下鉄博多駅から室見駅まで輪行

新幹線のダイヤは、都内沿線の火災のために混乱しており、とても輪行できるような状態ではないので、在来線区間準急で博多駅まで戻る。車内は乗客もまばらなので、輪行バッグを電車入り口の壁に立てかける。電車が揺れて転倒でもしたら大変であるから、バッ…

関門トンネル人道

通行料20円を払って、豆御殿号を押してエレベーターに乗る。地下に降りたら、そこに門司に向かってトンネルが伸びている。大変不思議な空間である。道はまん中に向かってわずかに傾斜している。自転車バイクは押し歩きするようにとの表示がある。誰もいなけ…

防府駅から琴芝駅まで輪行

ホテルで荷物を請け出して積載し、防府駅まで移動。一応計画通りに新山口駅乗り換えで琴芝駅に到着。

豆御殿号切り離し

防府市付近で高速道路のどこかに安全に停車して、自転車を組み立て、パンク•ブレーキ等の初期テストを行った後、立ち入り禁止区域から外に出るにはどうすればよいかは、昼食の頃から議論の的であった。 本線から分岐した高速バス停留所があれば、そこにちょ…

豆御殿号輪行装備

パナソニック純正の前カゴを外し、前ハンドルに以前購入しておいたリクセン&カウルのアタッチメントを装着。 Northface Base Camp Daffle Bagを載せてみて、良さそうな位置にアダプターを取り付ける。バッグ内側にダイソーで買ったプラスチック製のメッシュ…

豆御殿号を洗う

一転して快晴の朝。ソーラーライトとProTrekを充電しながら豆御殿号の整備。新春輪行ツアーのための準備なり。まだまだ遠い未来のことのように思っていたが、気がつけば10日後に迫っている。キャリーカートをどう積むかが未解決で、やや焦るのだが、まだ答え…

電動アシストフォールディングバイクNew Star 636は、中華電化豆御殿号か?

Panasonicのカタログでリアキャリアを探しながら、たまたまActonTVでかかっていた快汗自転車ライフ伊勢志摩編を観ていると、ゲストの案内人の方がPanasonicの電動アシストクロスバイクJetterに乗って登場した。かねてから、次の買い替えでは電動アシストつき…