y(et) a(nother) diwographics

©1998-2020 @suushinagai with enthusiastic curiosity and open-mindedness for intellectual adventures in mid/post-corona era

テ料理本のゆくえ

 いつもは忘れてしまっているが思い出したら気になることがある。そのうち思い出せなくなってしまうまでに解決しておきたいものである。
 そのひとつがテ料理本で、いまだに助けられることが多い(ので自炊して座右の銘にした)と書いているのに、座右に見つからないのである。
 《伊藤博康:入門JGAWK:サンデープログラマのための言語型テキスト変換プログラム》《プログラミング言語AWK》はちゃんとPDFがあって、macOSやLinux上のawkの使用には差し障りがあるわけではない。

プログラミング言語AWK

プログラミング言語AWK

 2014年2月5日にamazon.co.jpで1250円で古書を購入した履歴を見ると、おぼろげな記憶は蘇ってくるのだが、その直後に狭心症で入院し、退院後にはオフィスも引っ越したのだった。
 現在ロッカーに本は見つからないし、かと言ってEvernoteにもDropBoxにもPDFファイルが見つからず、しかもあれから7年経って中古本のお値段は4倍になってしまっているのが、なんとしても口惜しい。